横浜銀行カードローンの口コミ!

横浜銀行支持を強く支持します

横浜市に在住時に、横浜銀行カードローンを利用してみようと横浜銀行に支店を訪れました。

流石、ブランド都市「横浜」と思うカードローンの内容だと感じました。それは、融資の額の多さでした。
最高の融資額が1000万円迄の利用が可能だとパンフレットに記載があるのをみて、故郷の地方銀行しか知らなった私にはカルチャーショックでした。

そして、横浜銀行カードローンは「来店不要」という点も、実に消費者目線で利用価値が高いと思ったものです。また、即日融資可能という点も、消費者金融ではないのに利点といえるでしょう。

カードローン利用時に、利用額に応じて必要となる収入証明書ですが横浜銀行の場合は、300円迄の限度額であれば、不要であります。担保や保証人も必要ありませんから、お気軽に利用出来ると思います。

また、実際に横浜銀行を利用してみてカードローンのお話を聞いてみたり、普段からメインバンクとして利用してみて、横浜銀行のメリットを挙げますと。

とても洗練されて印象の強い銀行であると思います。

神奈川といえば横浜という印象を持たれる方も多いかと思いますが、実に横浜のマリンブルーの様に洗練されて接客応対の印象を受け、カードローンの利用も契約したものでした。

横浜銀行カードローンのメリットとデメリット

横浜銀行カードローンのメリットとデメリットは何かについて説明します。

まず、メリットとして融資額の幅が広いことです。10万円から最高は1000万まで設定されます。金利も年1.9~14.6%という設定なので通常の銀行と変わらないです。

世帯収入での審査も行えるので専業主婦の方でも、収入が少なめなパートやアルバイトの方でも申込みは可能です。300万円以下の融資の場合は、原則収入証明書の提出が不要です。

申込みもネットから簡単に出来ます。審査が通った場合は、契約手続きに移ることになります。カードが届くと利用可能になりますが、契約手続きは契約書と身分証明書を郵送するかFAXをする必要があります。

ネット以外では店頭にあるカードローン申込み用紙を郵送やFAXでの申込みも可能になっていますが、ネットからの申込みよりは融資までに時間がかかるので急いでいる場合ネットからの方が対応が早いです。

返済は、指定日に指定口座から最低返済額以上引き落としになっています。

横浜銀行カードローンのデメリットは、融資エリアが全国対応ではなく地域限定カードローンということです。対象のエリア神奈川、東京全域、群馬一部(前橋市、高崎市、桐生市)が融資エリアになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です